忍者ブログ
毎週のガーデニングのヒントと、インターネット上で公開されているガーデニングに関する動画などをご紹介しております。
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一般に、多くの園芸植物、特に宿根草は欧米で改良されてきたものが多いので、 日本の梅雨や夏が嫌いです。

それで、「育て方」のところでは、「風通しと水はけを良くしましょう」と書くことが多いわけです。

ただ、そのくらいでは、真夏に枯れてしまうものが多いのも事実です。

その対策としては、真夏は水やりを控えて休眠させる、半日陰で養生させる、二重鉢や水冷鉢で涼しくする、 というのが、これまでの一般的な方法でした。

しかし、暑くて蒸れるのが嫌なのは人間も同じですから、 人間と一緒に鉢植えにして室内に持ち込めばいいのではないでしょうか。

この方法があまり普及しないのは、スペースなどの問題もありますが、 やはり室内では日照不足になることでしょう。

たいていの植物は室内で花が咲きませんし、光合成できずに弱ってしまうものもあります。

そこで我が家では、植物育成LEDライト「マイプラント」を愛用しております。 外出中のエアコン代さえ気にならなければ、エアコンをかけた室内で、マイプラントで植物を育てる、 これが究極の夏越し対策になります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア


人気ブログランキングへ

お花の写真

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)今週の園芸作業 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]