忍者ブログ
毎週のガーデニングのヒントと、インターネット上で公開されているガーデニングに関する動画などをご紹介しております。
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、紅葉前線は日光いろは坂を下りているところですね。

ということは、そろそろ冬から春に咲く洋ランの仕上げの季節になります。

ファレノプシス、カトレア、デンファレ、バンダなどの寒がる種類は、水やりを徐々に控えめにし、軒下に鉢を移して入室準備に入ってください。

シンビジウム、ノビル系デンドロビウム、オンシジウムなどの、半耐寒性の種類は、徐々に遮光を減らして、直射日光に当てて、株の充実をはかります。 水遣りも減らしていきましょう。

秋バラは、早めに花がら摘みをしましょう。 剪定してはいけません。剪定してしまうと、冬にまた蕾がつくことがあります。

また、バラの根元のマルティングも除去してください。 これは地温を上げて根の発育を促進する効果があります。

そして、常緑広葉樹の剪定もこの時期の仕事ですね。 剪定はフィスカースのような良く切れる剪定ばさみを使用しましょう。 切れ味が悪いと切り口周辺の細胞がつぶれて、病害虫に対する抵抗力が弱くなります。

そうそう、カランコエやシャコバサボテンの置き場所に注意してください。 夜間にも明るい場所ですと、花芽がつきません。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   洋菊   HOME   春咲き球根の植え付け   ≫
フリーエリア


人気ブログランキングへ

お花の写真

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)今週の園芸作業 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]