忍者ブログ
毎週のガーデニングのヒントと、インターネット上で公開されているガーデニングに関する動画などをご紹介しております。
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

開花の便りもハナショウブやアジサイから、ラベンダー、ハス、スイレンに変わってきましたね。 いよいよ真夏です。

ハスやスイレンは早朝に開花し、お昼頃にはしぼんでしまいますので、 朝の涼しいうちに鑑賞してくださいね。

巻頭にご紹介している温帯性スイレンは、日当たりさえ良ければ育てやすい植物です。 スイレン鉢にグッピーなどを入れておけば、そんなに蚊も発生しません。 時々、水を足すだけで手間もかかりませんので、一度お試しください。

ただし、小さな鉢ではお湯のようになってしまって良くありません。 大きめの鉢で、鉢そのものには日よけをするなど、ある程度の温度管理は必要です。

また、真冬は凍られないようにします。 寒冷地では球根を堀りあげて、湿ったバーミキュライトに包んで、 室内の凍らない場所で春まで管理してください。



温帯性スイレンの最高傑作 グルワール・デュ・タンプル・シュル・ロット
温帯性スイレンの中で最も美しい花を咲かせるといわれ、花弁の枚数は128~129枚にも及びます。 花は直径15cm程度。 花上がりは悪いので、植物園でもめったに花を見ることができない、貴重な品種です。 腕に覚えのある方は挑戦してみませんか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア


人気ブログランキングへ

お花の写真

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)今週の園芸作業 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]