忍者ブログ
毎週のガーデニングのヒントと、インターネット上で公開されているガーデニングに関する動画などをご紹介しております。
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


各地からバラの便りが聞こえてきました。

いろいろなお花の中でもバラがここまで人気が高いのは、1.さまざまな原種が存在していたこと、2.それらの原種を交配して多くの品種が作出されてきたこと、3.花持ちの良いので切り花に使いやすいこと、などの理由によりますね。

特に、古来から、多くの育種家が献身的な品種改良の努力を続けてきたことで、すばらしいバラの品種を私たちが目にすることができるわけです。

今回、ご紹介したランブラーローズは現代ツルバラの直系の先祖になる品種群で、日本や中国に自生しているテリハノイバラにハイブリッドティーなどの園芸品種を交配して作出されたものです。

今に残るランブラーローズは、100年以上の歴史の中で生き残った品種なので、育てやすい名花ばかりですので、是非、アーチやポール、フェンスや壁面などに仕立ててみてください。

ハイブリッドローズなどとは違う、バラのカーテンをお楽しみくださいね!


ランブラローズ アレクサンドルジロ Click!
ランブラローズ アレクサンドルジロ
1907年生まれのランブラーローズです。
フランスの「ライ・レ・ローズ薔薇園」の正面の壁一面にアレクサンドルジロが植えられており、毎年ピンクのカーテンのようになります。
樹齢なんと101年!
初心者でも育てやすく、葉も光沢があって美しい品種です。
国産苗なので安心!
5月末までにお届けする新苗です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア


人気ブログランキングへ

お花の写真

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)今週の園芸作業 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]